千葉の海で磯釣りを始めようとしている諸君!~磯でのマナー編

ごきげんようブラック・オブ・ジョイトイだ。


IMG_2781_convert_20170913234939.jpg


雄大な景色の中で竿を出す。


人工物で囲まれた日常では決して味わえない感動や興奮が磯にはあります。


ここでは初心者向けに比較的入門しやすい「上物」×「地磯」に的を絞ってご紹介したいと思います。







関連記事



潮汐表を見て釣行計画を立てよう


初期装備編





目次



 ▶磯釣りにおけるルールやマナーを学ぼう
 ▶駐車場のマナー
 ▶釣り場を汚さないマナー
 ▶先行者優先
 ▶釣り方による違いを理解しましょう
 ▶最後に
 




磯釣りにおけるルールやマナーを学ぼう



磯釣りのマナーと言っても、ベースにあるものは日常生活と同じです。


人に迷惑を掛けたり、自分が不快に思うことをしてはいけませんよね?


また、磯の上だけではなく波止釣りにおいても同様ですので、釣り初心者の方は参考にしていただければ幸いです。









駐車場のマナー





波止釣りや地磯での釣りの場合、ポイントにエントリーするにあたって近くに車を停めることになるでしょう。



近年千葉県内の様々な漁港でも、一部立ち入り禁止、釣り禁止、時間制限、駐車スペースの解放取り止め、などマナーの悪い釣り人がトラブルを起こしそのような措置がとられている港がいくつもあります。


駐車スペースにおいても私有地であったり、他の車両の通行の妨げになるような場所には絶対に停めてはいけません。


コチラには駐車スペースからの詳しい入磯経路が載っており参考になります。







釣り場を汚さないマナー




ゴミなどのトラブルも大きな問題です。 


私の息子も海水浴に行った際に、心無い釣り師が捨てた針を踏んでしまい、病院で抜いてもっらった事がありました。


バッカン取付用にマナーケースなども販売されています。



自分が出したゴミを持ち帰るのは当たり前のことだが


釣り座に散乱した撒き餌も海水を流して綺麗にすればよいだけなので


汚した場所を綺麗にしてから帰るようにしましょう。






先行者優先




基本的に先行者にポイントの決定権があるのは言うまでもないですね。


またポイントに向かう途中に潮待ち(低い磯に入るのに潮位が下がるのを待っている)している先行者がいる場合は


我先にと抜かしてポイントへ向かうのではなく、話しかけて入るポイントを譲りあえば、お互い気持ちよく竿を出す事が出来ます。


因みに目の前で漁師が網を入れ始めたら、漁師が優先になります。


向こうは仕事、こちらは趣味です・・・残念ですが撤退しましょう。




釣り方による違いを理解しましょう





磯に立つと、ルアー、籠釣り、底物釣り、フカセ釣り・・・など


様々な釣り方で釣りを楽しむかと思いますが


大場所(何名も釣り座を構える事が出来る広い磯)で釣りを行う場合も


先行者優先のルールになります。


特にルアー釣りは広範囲を探っていく釣りですので、ルアーマンが先行者の場合には仕掛けの流しすぎには注意しましょう。


底物釣りもルアー釣りも金属の塊を投げるので無言で近づくと思わぬ怪我の可能性もあります。


ここでも声かけは重要ですね。「お隣で竿を出させてもらってもよろしいでしょうか?」


だけでもお互いが気分よく釣りを楽しめるのではないでしょうか?


またフカセで夜釣りしている所へライトを当てたり海面を照らす行為は厳禁ですね。


たまにヘッドライトを付けっぱなしで釣りしている人がいますがアウトです。


仕掛けを作りなおす時も海面に光が当たらないよう磯際から下がって行いましょう。





最後に




主なトラブルの原因は

「割り込む行為(特に無言)」

「先行者のキャスト範囲に入る(仕掛けを流す)」

「釣り場を荒らす行為(ゴミや騒音、ライト、駐車違反)」

せっかくの趣味の時間もトラブルがあれば台無しになってしまいますよね・・・


釣り人一人一人が心掛けていくことで


趣味の時間も、より豊かなものになるでしょう。








最新の千葉で釣れている情報満載


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村



釣り・フィッシングランキング


Amazonのお買い物はコチラから








千葉の海で磯釣りを始めようとしている諸君!~初期装備編

ごきげんようブラック・オブ・ジョイトイだ。


IMG_0508_convert_20170829231027.jpg


雄大な景色の中で竿を出す。 


人工物で囲まれた日常では決して味わえない感動や興奮が磯にはあります。


ここでは千葉の「地磯」×「上物」に的を絞ってご紹介したいと思います。



関連記事


潮汐表を見て釣行計画を立てよう


磯でのマナー




目次



 ▶装備を整えよう
 ▶ライフジャケット
 ▶シューズ
 ▶その他アイテム
 ▶まとめ
 







装備を整えよう




まず、磯釣りのベテランの人に「磯釣りを始めたいのですが、まず何を買えばよいですか?」


と尋ねたら十中八九こう言うでしょう。


ライフジャケットとスパイクシューズを買いなさい!と


何もないに越したことはないが、安全性を高めるといった意味では、必ず揃えたい装備ですね。


その他では携帯電話は必須アイテムになりますね。


防水ケースに入れて肌身離さず持ち歩きましょう。
安心のIPX8(防水規格)です。


もし、海上で事故が起こったときは118番と覚えて下さい
海上の緊急通報用の電話番号になります。
意外と知らない人もいるのでは?







ライフジャケット





ライフジャケットは落水時の浮力確保の他にポケットに様々な小物をしまうことが出来て便利です。


Water Rocks(ウォーターロックス) スタンダードライフベスト WRLV-3120-07 カモ フリー
お買い得品

ダイワ DF-6305 PEライトフロート ブラック 2XL
オススメ

ダイワ(Daiwa) フローティングベスト 枕付き バリアテックフロートベスト ライトグレー L DF-3506
カッコイイ

サイズがあるので、自分に合ったサイズを選ぶべし!



シューズ

シューズは底が、スパイク、フェルトピン、フェルト、のタイプに分かれてます。

ダイワ(Daiwa) ダイワフィッシングシューズ スパイク シルバー 28.0 DS-2111
スパイクシューズ

ダイワ ソルトウェーディングシューズ SW-2500 ブラック M
フェルトピンシューズ

アングラーズデザイン(Anglers Design) ADVANCE WADING SHOES アドバンスウェーディングシューズ フェルト底 AWS-05 グレー L
フェルト

私は夏場、ネオプレーン素材のフェルトタイプを愛用してます。
阪神素地 FX-252 ウエットシューズ 先丸 LL



それぞれに地形との相性があるのですが、足元を常に波が洗って海苔が生えている様な場所ではスパイクシューズは滑ります。


また低い磯でもヒジキで覆われた磯はフェルトタイプ、フェルトピンタイプは滑ります。


南房方面では岩がツルツルしていてスパイクが効きにくい地域もあります。


まず最初の一足としてならフェルトピンタイプが無難ではないでしょうか。



色々な場面で靴底を交換出来るタイプもあります。

シマノ、ジオロック
シマノ ジオロック・カットピンフェルト・ウェーディングシューズ FS-002N グレー 29
ダイワ、ベリピタ
ダイワ トーナメントフィッシングシューズ TM-2800BL ブラック 26.0


何足も揃えるよりは経済的との声もあります。


冬場はウエダーが必要です。濡れてしまうと寒さで釣りどころではなくなってしまいます。


ネオプレーン素材が良いです。
プロックス ネオプレンチェストフェルトウェーダ―(ピン付) PX8722LL ブラック LL





その他アイテム




波止釣りの道具をお持ちなら、ほとんどの物が磯でも使えるでしょう。


ただし竿は磯竿を・・・出来れば5m以上のものを購入した方がいいです。


仕掛けを長くとるフカセ釣りでは短い竿ではやりずらい、やり取りの際も竿が短いと手前の根で糸が擦れて切れる可能性があります。また、磯際から少し離れることが出来て安全面でも有利になります。



その他には、チャランボと背負子(しょいこ)は揃えておきたいアイテムです。



チャランボは突然の波により荷物が流されるのを防ぎます。万が一腰まで抜ける波が来ても掴まって踏ん張る事もできます。

昌栄 ハイパワーハンマーピトン 刃(やいば)II NO.403-3 790~1,150mm


背負子は不安定な足場を歩く、磯歩きでは両手を空けておけるので便利です。

背負も可能な折りたたみ式アルミキャリー Lサイズ [110047]
タイヤ付きをオススメします






まとめ



装備を揃えるなら、あまりにも無名のメーカーよりも、しっかりした釣り具メーカーの物をオススメします。


結果的に長持ちし「安物買いの銭失い」とはならないはずです。



中古釣具屋やインターネットショッピングで賢く初期装備を揃えましょう。



中古釣具屋は一点物が多いのですが、気に入ったものがあれば、かなりお安く手に入れられます。



アイテム数の豊富さなら断然ネットショッピングでしょう。


釣具屋で買うよりお値打ち品が豊富に揃ってますよ。


コチラ覗いて見てください







千葉の最新版の釣れている情報はココで確認してください


↓ポチっとお願いします。↓

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村



釣り・フィッシングランキング









千葉の海で磯釣りを始めようとしている諸君!~釣行計画編

ごきげんようブラック・オブ・ジョイトイだ。

IMG_1442_convert_20170611210305.jpg


雄大な景色の中、波の音や風を感じながら竿を出すと日頃のストレスから解放されて、また明日から1週間頑張ろう!って気になりますよね。



「釣りをしたことはあるけど、なかなか釣果に恵まれない。」



「磯釣りに興味があるが、どうしていいかわからない。」



波止釣りより魚影が濃く、大型の期待の持てるダイナミックな磯釣り




ここでは比較的敷居の低いいわゆる「上物」×「地磯」に的を絞って




いくつかのポイントがあるので、参考までに紹介したいと思う。


関連記事


  
初期装備編


磯でのマナー




目次


 ▶千葉の磯の事を知ろう
 ▶潮汐表を活用しスケジュールをたてよう
 ▶実際に写真で見てみよう
 ▶ホームを持つことの重要性
 ▶最後に
 






千葉の磯の事を知ろう



千葉の磯は足場の低い磯が数多く点在してます。


エリアは主に内房、南房、外房になります。(銚子に磯場がありますが、ここではふれませんm(__)m)


全体的に水深がなく、特に外房エリアでは干潮時に釣り座に入る、いわゆる「ウエーディング」と呼ばれる釣りがメインになります。


潮汐表を確認し、釣行スケジュールを立てましょう。


入磯のタイミングを間違えると釣り座に立つことさえ出来なくなります。


また、釣りに夢中になりすぎると帰る事さえ出来なくなり、命の危険さえあります。


そうならないよう、釣行は計画的に進めて行きましょう。


現在では無料で使えるツールもあるので自分に合った潮汐表を検索してみて下さい。




潮汐表を活用しスケジュールをたてよう




潮汐とは簡単に言うと「太陽と月の引力によって海面が昇降する現象」


季節によって潮の引く時間は変動します。


潮位85cmから渡れる磯を例に見てみましょう。



日中大きく潮が引く「春潮」 の時期
IMG_2533_convert_20170825000221.jpg
6時頃から渡れて帰りは時間に余裕をもって12時頃には磯上がりしたいですね。


対して夜間に大きく潮が引く「秋潮」 の時期
IMG_2532_convert_20170824235812.jpg
8時頃から渡り11時には撤収しないといけません。


19時頃からなら夜釣りになりますが、釣行時間が取れます。


潮位85cmから入れる磯でも季節によって釣行時間が変わってきますね。


慣れるまで初心者の方はベテランと同行した方がスムーズに釣りに専念出来ますよ。



実際に写真で見てみよう




コチラの写真は同じ磯場の写真になります。


沖に見える磯に渡りたいと思います。
潮位は85cm、腰下位の水位です。
IMG_2437_convert_20170824234838.jpg




同じ位置からの写真です。
潮位は20cm、ルートを選べば長靴で渡れます。
IMG_2462_convert_20170824235001.jpg



ド干潮時の写真です。
もう地続きですね。
IMG_2468_convert_20170824235125.jpg


所々に、この様な「溝」があります。
水位があるときに溝に落ちると溺れる危険性がありますので、細心の注意をはらいましょう。
IMG_2471_convert_20170824235246.jpg





ホームを持つことの重要性



初めて入る磯は、ある程度潮位が下がってから入りましょう。


そうすることによって溝の位置や、ルートを把握できます。


お気に入りの磯を見つけたら、何度も通いましょう。


ルートや溝の位置も、手に取るように解り、より安全に磯に立つことができるはず・・・


その頃には釣り場の水深、根の位置、良い時の潮の流れ、魚の回遊するポイントなど、その磯の事を理解し釣りも上手になっているはずです。
波止釣りでも同じ釣り場に通うことは、上達の近道ですよね!



最後に




コチラの雑誌は私が磯釣りを始めた頃に購入しボロボロになるまで読み明かした雑誌です。
改訂版 房総半島パーフェクト地磯ガイド (BIG1シリーズ)


写真や図で入磯ルートからポイントまで解りやすく解説してます。


また比較的簡単に入れる磯も数多く掲載されており、初心者のバイブル的な一冊になる事間違いなしです。


何件も本屋を探しまくって手に入れた一冊が、今はすぐお宅に届く・・・しかもお安い


便利な時代です。お買い物はコチラから
↓↓↓↓↓↓



このシリーズは時間のある時に少しづつ書き綴っていきたいと思います。


最新の千葉で釣れている情報はコチラから確認出来ますよ。




(´∀`σ)σポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村



釣り・フィッシングランキング


カウンター
プロフィール

black・of・joytoy

Author:black・of・joytoy
千葉県の地磯メインで内房・外房・南房へと繰り出してます。
デッカイヤツ釣りたいな^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサー
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR